SEO対策済みの理想的なサイトの条件とは

SEO対策済みの理想的なサイトの条件とは、概ね以下のようなものです。

●タイトルタグを使用している。
●metaタグ(keywords、description)を各ページごとに違うものを設定している。
●見出しタグh1、h2、h3、h4、h5タグを適切な場所で使用している。
●段落タグ「pタグ」を活用している。
●HTMLソースを軽く、かつ簡潔にしている。そのためにスタイルシートを活用している。
●構文を正しくしている。
●適度に「strongタグ」を使っている。
●箇条書き部分は「liタグ」を使用している。
●パンくずリストをつけている。
●サイト全体を「tableタグ」でレイアウトしていない。記事の中での「tableタグ」は必要に応じて可です。
●内部リンクが、どのページからどのページにも飛べるようにリンクされている。

サイト側でできる基本のSEO対策は上記の通りです。後は多少のキーワード出現率やキーワード密接度と外部的なSEOで被リンクの獲得をどのように行なうかだけです。

上記の点は、アフィリエイトを勉強しはじめた方にとっては聞いたことのないものもあるかもしれません。それなりに勉強されたアフィリエイターなら誰しもがある程度は知っていることだと思います。

でも知っているというのと、それを実践しているというのとでは全然違いますよね。しかも多少勉強したくらいで上記のSEO対策を全てやろうとすればかなり大変です^^;

元々そこそこのパソコン知識がある方やこういったことに抵抗感のない方でないと相当難しく感じてしまうでしょう。当初私もものすごく苦労しました。

アフィリエイター向けSEO対策済みのテンプレートは今やたくさんあります。HTMLでのSEO対策済みテンプレートもたくさんあります。

でもここまで全部を網羅したテンプレートって私はあまり見たことがありません。どれかが抜け落ちているんです。

また、SEO対策済みといっても、無料ブログのテンプレートは全てを自由にカスタマイズできるわけではないので、SEO対策にも限界があります。

MTの場合は、無料ブログよりもカスタマイズに自由度があり理想的なSEO対策済みテンプレートには仕上がるのですが、MTの導入は何かと壁があり、初心者には難しいです。

またHTMLのSEO対策済みテンプレートだけを有料で購入したとして、仮に30ページあるサイトに1ページ追加すると、その30ページ全てのサイドバーを修正しないといけないという大きな手間が発生します。

更新をあまりしないサイトや更新のあまり必要ないサイトならば、HTMLサイトの方がSEO的には有利なのですが、それはわかっていても、ページ数が多くなればなるほど修正が面倒なので、ついブログでサイトを作成してしまうという人も多いと思います。

おまけにHTMLサイトの場合は、RSSがないのでping送信ができないというデメリットもあり、余計にHTMLサイトにチャレンジする壁は高くなってしまう・・・といった人も多いのではないでしょうか?

しかし、それらを解決してくれるツールが発売されました。
超実践型アフィリエイトサイト量産ツール「AQUAS」


さきほど列挙した「理想的なSEO対策済みのサイトの条件」はすべて満たしていました。

さほどSEOを意識することなく、テキストボックスを埋めていったら勝手にSEO対策がされていたというような、初心者にも優しいつくりになっています。

HTMLサイトにチャレンジしようと思っていたけれどタグの勉強もなんだかややこしそうだし、ping送信もできないそうだし、ページが増えるたびにリンクを貼りなおすのも大変だし・・・などと思っていた方には、導入しやすいピッタリのツールです。

あくまでもツールなので、これだけで稼げるものではありません。まだブログですら全く使いこなせていないという方は購入しない方がいいです。宝の持ち腐れになってしまう可能性が高いからです。

セールスページにはかなり丁寧に「AQUAS」でできること、できないことなどが書いてありますので、まずはじっくりと読んでみて自分にとって必要かどうかを判断してみてください。Q&Aの部分もよく確認しておいてください。
超実践型アフィリエイトサイト量産ツール「AQUAS」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。